母乳育児のストレス

頻回授乳は母乳の量が足りないのが原因?1時間もたない頻回授乳はいつまで続く?

投稿日:

母乳を増やす飲み物
Pocket

  • えっ!さっきおっぱいあげたばかりなのに、、まだ1時間しか経ってないよ。
  • こんなに頻繁に泣くのはやっぱり母乳不足なのかな・・
  • 頻回授乳がつらすぎる!いつまで続くの・・?

まだしゃべることができない赤ちゃんを前に「どうすればいいんだろう。これで大丈夫なのかな?」と不安になってはいませんか?

その不安な気持ち、よくわかります。

私も、産後しばらく1時間おきの授乳が続きましたよ!

母乳で育てたいなら頻回授乳が大切と聞いていたけど、1時間もたないのはさすがに大変だし、いつまで続くんだろう?と不安になるのも当然ですよね。

でも、大丈夫です!

母乳の場合、たとえ1時間おきでも、赤ちゃんが欲しがれば、欲しがるだけ飲ませてOK。

赤ちゃんが1時間おきに母乳を欲しがるのは、よくあること。でも1時間おきの授乳がずっと続くわけではありません。

実は、辛い頻回授乳でも、今頑張ることで、母乳育児がグッとラクになるんです。

そこでこの記事では、以下のような頻回授乳を頑張っているママたちのために私の体験談を踏まえた悩み解消法を紹介します。

  • 赤ちゃんがどんな様子の時、母乳不足と判断すればいいの?
  • 1時間おきに母乳を飲みたがるって大丈夫なの?月齢別の授乳回数の目安は?
  • 1時間もたずに母乳を欲しがるのは、どんな時なの?
体力的にしんどかった私が、徐々に復活した方法なども紹介しているので、辛い悩みを抱えている方はぜひ参考にしてくださいね。

母乳が1時間もたないのは母乳不足?母乳が足りていないサインとは?

母乳を増やす飲み物

「授乳は3時間おきにしましょうと入院中教わったけど、1時間もたたずに母乳を欲しがって泣いている・・」

母乳はミルクと違って、1回に赤ちゃんが飲んだ量がよくわかりません。

そのため、私の母乳が足りないのかな?ミルクを足した方がいいのかな?なんで泣いてるの?と不安になりますよね。

ここでは、母乳不足の時の赤ちゃんが出すサインを紹介します。

もしも、当てはまる点があれば、母乳が足りていないということ。ミルクを足したり、母乳の出る量を増やすように食生活を見直したり、対処していきましょう。

母乳の出が悪く、ミルクを足す場合は、必ず母乳をあげてからミルクを足すようにしましょう。先にミルクをあげてから、母乳をあげていると、ますます母乳の出が悪くなってしまいます。

赤ちゃんの1日のおしっこの回数が6回以下の場合は要注意

母乳が足りているかどうかは、赤ちゃんのおしっこの回数やにおいで判断することができます。

赤ちゃんは膀胱が小さいので、1日に何度もおしっこをします。一般的な赤ちゃんの1日のおしっこの回数は以下の通り。

1日のおしっこの回数
0~6ヶ月 15回~20回
6~12ケ月 10回~15回

授乳の度におしっこをしていれば、たとえ1時間ごとに母乳を飲んでいても、母乳は十分足りていると考えて大丈夫です。

もし、母乳が足りているか心配な時は、1日のおしっこの回数や色、においをチェックしてみましょう。

以下の場合は母乳が足りていない、うまく飲めていない可能性があります。

  • 1日のおしっこの回数が6回以下(通常は15回ほど)
  • おしっこの色が濃い黄色(通常は透明かうすい黄色)
  • おしっこのにおいがきつい(通常はほぼ無臭)

また、赤ちゃんは身体は小さくても、汗腺の数は大人と同じなので、とっても汗っかき。夏場や発熱の時など汗をたくさんかくとおしっこの回数も減りがちです。

脱水症状になっては大変なので、おしっこがちゃんと出ているか確認しましょう。

赤ちゃんが便秘気味でカチカチの場合は母乳不足が原因?

母乳が足りていないと、赤ちゃんが便秘になることがあります。

新生児の頃のうんちの回数は1日10回以上。それが1~2ヶ月になってくると、少しずつ出る回数も減ってきます。

ただ、うんちの回数はかなり個人差があり、1日に何度も出る子もいれば、2、3日に1回の子もいるなど様々です。

我が子も3日に1回くらいしかうんちをしないタイプの子でした!

2~3日出なくても、機嫌がよく、出た時のうんちが柔らかければ、気にしなくても問題ありません。体質なのでしょう。

しかし、以下のような場合は、便秘の可能性があるので、母乳を増やすなど対策が必要です。

  • 便が固く、泣きながらいきんでいる
  • おしりから血が出る
  • 機嫌が悪く、おっぱいの飲みも悪くなった

体重がちゃんと増えているか定期的に測ってみましょう

赤ちゃんの体重の増え方があまりよくない場合は母乳が不足している可能性があります。

月齢にもよりますが、「1日平均18~30gの割合で体重が増えている」状態であれば、赤ちゃんが十分おっぱいを飲んでいる目安になります。1ヶ月で言うと、540g~1㎏ほど増えていれば大丈夫です。

頻回授乳とは逆に、よく眠るし、起きている時間もご機嫌なんだけど、体重の増えが悪い赤ちゃんもいます。

あまり泣かないから気が付けば、日中は4時間おき、夜は6時間おきにしか母乳をあげていなかったところ、1ヶ月での体重がほとんどあまり増えていなかったというケースもあるんですよ。

頻回授乳が悪いわけではないということです。

母乳が足りているかは体重が増えているかを確かめるのが一番!

ベビー用品店やショッピングモールの授乳室にはベビースケールおいてあることが多いので、定期的に体重を測ってみてくださいね!

母乳が足りていれば、1時間もたなくてもOK。好きなだけ飲ませよう

おしっこやうんちの回数、体重の増え方に問題がなければ、母乳は足りていると考えてOKです。

1時間おきに飲みたがっていても、それはその子の飲み方なんです。

特に月齢が小さいうちは、胃も小さいですし体力もあまりありません。母乳を飲みながら、眠ってしまうことも多いので、頻回授乳の子は多いんです。

チョコチョコ飲みの子、音に敏感ですぐにおっぱい飲むのをやめちゃう子などいろんな子がいるんですよ。

ママは大変かもしれないけど、自信を持って、好きなだけ飲ませてあげましょう。

逆に母乳で足りているのに、母乳が足りないと勘違いしてミルクを足していると、赤ちゃんはミルクの方がラクに飲めるので、ミルクばかり飲んでしまい、母乳量も減ってきてしまいます。

赤ちゃんの1時間おきの授乳はいつまで続く?月齢別の授乳回数の目安

母乳を増やす飲み物

母乳で育てたいと頑張っていても、いつまで経っても、1時間おきの頻回授乳だとママの身体は持ちませんよね。

「1時間じゃ、おっぱいの生産が追い付かないよ・・」

「いくら個性と言われても、いつまで続くの?」

と不安になることも多いと思います。

ここでは、月齢別の授乳頻度について、紹介します。授乳頻度はあくまでも目安です。赤ちゃんにも個人差があります。

新生児の授乳頻度の目安|1時間しかもたないのはよくあること

新生児期の授乳頻度・・・1時間~3時間おき。1日8回~15回。

よく産院で、3時間ごとに授乳と習いますよね?

これは、出産後すぐに十分な母乳が出るわけではなく、粉ミルクをあげることを前提にしているからなんです。

ミルクは母乳に比べ、吸収や消化に時間がかかります。赤ちゃんの胃への負担等も考えて、3時間おきにあげるように言われています。

しかし、母乳の消化時間は、ミルクの半分。しかも、新生児の胃はとっても小さいので、授乳頻度が3時間もたないのは当たり前。

1時間おきにおっぱいを欲しがるのもとっても普通の事なんですよ。

新生児期は、ママの母乳もまだ十分に出るようになっていないことが多い時期。今後も母乳で育てたい思っているママこそ、頻回授乳を頑張りましょう。

生後1ヶ月~2ヶ月の授乳頻度の目安|まだまだ好きなだけ飲ませよう

生後1ヶ月~2ヶ月の授乳頻度・・・1時間~3時間おき。1日8回~10回。

口の周りの筋肉が発達してきて、吸う力もついてくるため、一度にたくさん飲めるようになってきます。上手に飲めるようになるにつれて、授乳間隔が空いてくる赤ちゃんもいます。しかし、まだまだ頻回授乳でも全く問題ありません。

生後1ヶ月~2ヶ月になってきて、周りの赤ちゃんが「3時間おきにしか飲まない」「夜は4時間も寝てくれた」というような話を聞くと、焦ったり、不安になる気持ちもありますよね。そこで、

授乳間隔を無理に開けて、おっぱいを張らせてから1回にたくさん飲ませれば、しっかり眠ってくれる?→これは誤解です。

長期的に乳房内におっぱいが溜まった状態になると、おっぱいを作りすぎたかな?と勘違いしてしまい、おっぱいの分泌量が低下しまう恐れがあります。

あくまでも授乳のペースは赤ちゃんに任せて、欲しがる時に欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

生後3ヶ月~4ヶ月の授乳頻度の目安|少しずつ授乳間隔があいてきます

生後3ヶ月~4ヶ月の授乳頻度・・・3時間~4時間おき。1日6回~8回。

日中に起きている時間が長くなってきて、授乳のリズムも整ってきます。

一方で、遊び飲みや黄昏(たそがれ泣き)が始まる時期でもあります。

さまざまな感情が芽生え始める時期なので、赤ちゃんが泣く理由は「おなかが空いた」「おむつが気持ち悪い」ではないことも多くなってきます。

しかし、ママの身体は赤ちゃんの泣き声を聞くと、オキシトシンと呼ばれる母乳を出すホルモンが分泌されて、母乳をあげないといけない。と感じてしまうのです。

この時期に頻回授乳に悩んでいるママは、すぐに母乳をあげるのではなく、赤ちゃんがなぜ泣いているのか?原因を探ってみてもいいかもしれませんね。(もちろん、ちょこちょこ飲みでただ母乳を欲しがっている赤ちゃんもいると思うんですが・・)

好奇心旺盛な赤ちゃんや音に敏感な赤ちゃんは「おっぱいを飲んでいても、ちょっとの音が気になり、飲むのをやめてしまう」再び、おっぱいを飲ませようとしても、満面の笑みで飲む気ゼロ。その結果、1時間おきに授乳しているなんて子もいるのではないでしょうか?

こういった好奇心旺盛な子は、授乳する時は、テレビなどを消した静かな落ち着いた環境で授乳すると、1回に飲む量も増えてきて、授乳間隔もあいてきますよ。

生後5ヶ月以降の授乳頻度の目安|メリハリのある生活をしていこう

生後5ヶ月以降の授乳頻度・・・4~5時間おき。1日6回程度。

この時期になると、一度にたくさんの量が飲めるようになってきて、授乳頻度も4時間~5時間おきになってきます。

この時期でもまだ頻回授乳をしているママは、昼間は外にお出かけに行ってみてはいかがでしょうか。

どうしても家で赤ちゃんと二人きりでいると、赤ちゃんはママが大好きなので、おっぱいで甘えたがります。おなかが空いたというよりも、おっぱいに安心感を求めている事が多いのではないかなと思います。

我が子も家にいると、暇なのかすぐおっぱいを欲しがっていました!

外にでて、刺激を受けることで、おっぱい以外の事に興味を持ちますし、疲れておなかもすくので、一度にたくさん飲めるようになります。また、ぐっすり眠ることもできるようになって生活リズムが付いてきますよ。

赤ちゃんが母乳を1時間もたずに欲しがる時とは?

母乳を増やす飲み物

今まで2時間、3時間と授乳間隔が空いていたのに、急に1時間足らずで母乳を欲しがるようになると、母乳が足りないのかなと不安になりますよね。

確かに母乳が不足している事もありますが、赤ちゃんは様々な理由で一時的に母乳を頻繁に欲しがることがあります。

ぜひ頭の片隅に入れておいてください。

夕方は母乳の生産量が落ちる

母乳が「午後から夕方にかけて、出が悪い」と感じるママは多いです。それもそのはず。

母乳はプロラクチンという母乳を作るホルモンによって分泌されますが、プロラクチンは夜間に多く分泌されます。

そのため、夕方は出が悪くなるのは本当!その結果、気が付けば、1時間起きに授乳しているなんてことも・・

夕方も母乳で乗り切るためには、お昼ご飯をしっかり食べること。休める時はお昼寝をすることが大切なんですよ。

赤ちゃんには急成長をする時期がある

赤ちゃんには、成長加速現象といって、急成長を遂げる時期があります。

生後2週目(20日)、生後6週目(45日)、月齢3ヶ月の頃です。この時期は、身体が大きく成長する分、母乳もたくさん欲しがります。

今まで3時間ごとに飲んでいたのに、1時間おきに母乳を欲しがることもあるでしょう。

その時は、ミルクを足すべきか迷うところだと思いますが、数日間頻回授乳をしていれば、自然と母乳の生産量も追い付いてくるので、ぜひ乗り切ってくださいね。

大量のうんちをした・おっぱいを吐き戻した時はおなかが減ります

大量のうんちをしたり、おっぱいを吐き戻したりした時は、単純にまたおなかが空いてきます。大人でもこういう時ありますよね。

この時は、また母乳をあげてください。母乳が出ないと思っても、吸わせると分泌のスイッチが入って出るものです。

どうしても母乳の分泌量が足りない場合は、ミルクでもいいですよ。こういう時のために、日頃から少し搾乳を冷凍保存しておくのがおすすめです。

時間を気にするよりも、赤ちゃんの様子を見て判断すればいいって事だね

赤ちゃんがうまく飲めていない・母乳が足りないこともあります

赤ちゃんが頻回授乳をするケースを書いてきましたが、純粋におっぱいが足りない場合もあります。

例えば、赤ちゃんがうまくおっぱいを吸えていないと、乳頭や乳輪に十分な刺激が足りず、母乳の生産量が増えていきません。

私も乳首が短めで赤ちゃんが吸いにくい形をしていたので、とっても苦労しました。でも、諦めずに搾乳や頻回授乳、母乳を増やす努力をしたら、完母で育てることができるようになりましたよ。

詳しくは、「母乳がほとんど出ない私が完母育児出来るまでに実践した母乳を増やす4つの方法」の記事を参考にしてくださいね。

まとめ

頻回授乳はママにとっては、少し大変かもしれませんが、決して悪い事ではありません。

赤ちゃんの成長具合に問題なければ、30分おきでも、1時間おきでも、気にせずあげてくださいね。

今の頻回授乳という頑張りが後々、母乳育児を軌道にのせ、ラクにさせてくれますよ。

多少個人差はありますが、ずっと1時間おきに母乳を飲み続ける子はいませんからね。

母乳育児で困った事や相談したいことがあったら、コメント欄を利用してメッセージをくださいね^^ お答えできる範囲で私の体験談を踏まえて回答いたします。

こちらの記事も読まれています

母乳が増えるお茶ランキング 1

赤ちゃんがおっぱいに吸い付くと、きっと母乳は出るよね! 生まれる前は、なんの疑いもなく当たり前のように母乳は出るものと思っていたのですが、現実は違いました。 母乳が出ないー! 水分をたくさん飲んでもダ ...

たんぽぽ茶 2

飲むだけで母乳が増える飲み物と言われているティーライフのタンポポ茶。実際に飲んでみた感想と結果やデメリットについて全て書いてみます。 母乳の出が悪いと感じているママ 手で絞り出さなければ全然出てくれな ...

母乳が増える飲み物 3

母乳が出ない!どうして… 母乳との戦いは出産した瞬間から始まりました。 愛する我が子の誕生で、幸せいっぱいの日々が始まると思っていたのに、なぜか気がつくと1人で涙する日々。。 同時期に出産したママ達は ...

母乳が増える飲み物 4

妊娠中は楽しみにしていた「我が子への授乳」 「授乳って、母親だけの特権で憧れもある」 「母乳をあげている瞬間が最高に幸せって聞く」 先輩ママの声を聞くと、授乳って幸せな面ばかりで、私もすっごく楽しみに ...

母乳が増える飲み物 5

毎日搾乳していて、気が付けば、おっぱいにあざがたくさんできてるー! もしかして、搾乳の仕方を間違えている? 毎日、授乳のあと搾乳して大変。もっと簡単に母乳育児したいな・・ 搾乳しても母乳量が増えない・ ...

母乳を増やす飲み物 6

えっ!さっきおっぱいあげたばかりなのに、、まだ1時間しか経ってないよ。 こんなに頻繁に泣くのはやっぱり母乳不足なのかな・・ 頻回授乳がつらすぎる!いつまで続くの・・? まだしゃべることができない赤ちゃ ...

-母乳育児のストレス

Copyright© 母乳が出ない私が実践した完母育児までの記録 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.